2018.5.17 05:02

車に練炭と七輪…自殺考えた? 新潟女児殺害容疑者「線路に遺体」事故装う供述

車に練炭と七輪…自殺考えた? 新潟女児殺害容疑者「線路に遺体」事故装う供述

 新潟市西区の小学2年、大桃珠生(たまき)さん(7)が殺害された事件で、死体遺棄などの容疑で逮捕された会社員、小林遼(はるか)容疑者(23)の軽乗用車に練炭と七輪があったことが16日、分かった。

 捜査関係者によると、新潟県警が14日朝、同市内で小林容疑者の身柄を確保した際、押収した車に練炭と七輪があった。自殺を図ろうとしていた可能性がある。16日は捜査員が大桃さんの自宅と約100メートルの距離にある同容疑者宅を捜索した。

 容疑は7日午後10時20分ごろ~同10時半ごろ、新潟市西区青山水道のJR越後線の線路に遺体を遺棄し、上り列車にひかせた疑い。死因は窒息で首には絞められたような痕があった。

 さらに小林容疑者が、「列車にひかせるため線路に遺体を置いた」と供述していることも判明。新潟西署捜査本部では、発覚を免れるため事故を装ったとみて、経緯を詳しく調べている。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 車に練炭と七輪…自殺考えた? 新潟女児殺害容疑者「線路に遺体」事故装う供述