2018.5.15 17:00

尾木ママ、日大悪質反則問題に怒り「監督は逃げないで顔出して謝罪すべき」

尾木ママ、日大悪質反則問題に怒り「監督は逃げないで顔出して謝罪すべき」

尾木直樹氏

尾木直樹氏【拡大】

 “尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏(71)が14日夜、自身のブログを更新。6日に行われたアメフットの日大-関学大の定期戦で、日大のDL選手が無防備だった関学大のQBに背後からタックルし、負傷退場に追い込んだ問題に怒りをあらわにした。

 尾木ママは「日大アメフトの関学への悪意に満ちたわざとやったラフプレー ボールをパスした後の力を抜いている選手を狙った危険極まりない反則プレーは絶対に許されるものではありません!」と断罪した。日大に対しても、「監督は逃げていないで顔出して謝罪すべきだと思います」「部活停止処分、或いは解散処分が妥当だと思います」などと持論を展開。さらには「刑事事件として捜査すべきではないでしょうか」「アメフト協会など責任ある機関が背景調査など徹底調査して公表,再発防止策を打ち出すべきではないでしょうか?」とつづった。

 「試合中の暴力に対しては毅然とした対応しないとアメフトへのイメージに悪影響しかねません!!」と怒り心頭の尾木ママ。「スポーツ庁も動かないといけないでしょう!酷いスポーツ事件ですね!」と締めくくった。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 尾木ママ、日大悪質反則問題に怒り「監督は逃げないで顔出して謝罪すべき」