2018.5.15 12:00

「だいすけお兄さんが、人生の応援歌で本格メジャーデビュー」/週末エンタメ

「だいすけお兄さんが、人生の応援歌で本格メジャーデビュー」/週末エンタメ

特集:
週末エンタメ芸能記者コラム
横山だいすけ

横山だいすけ【拡大】

 NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」で、昨年4月まで番組史上最長となる9年間にわたり「うたのおにいさん」を務めた横山だいすけ(34)。子供のみならず、お母さんたちからも大人気で、番組卒業直後には「だいすけロス」なる言葉を生んだほど。そんな世のお母さん方に朗報だ。

 横山が23日にシングル「笑顔をあつめて」で、ソニー・ミュージックから本格的にメジャーデビューする。“本格的”というのは、昨年8月に子供向け映画の主題歌「さよならだよ、ミスター」を発売しているため。今回は、だいすけおにいさんを知らない人にもアピールできる全世代に向けた楽曲に仕上がった。

 彼の魅力は何と言っても、子供やお母さんたちをとりこにしてきた爽やかな笑顔。同曲のテーマもスタッフと話し合い「笑顔」に決定したが、ただ元気と笑顔を届けるだけではなく、横山の強い思いが込められている。

 サビの歌詞で登場する●(=歌記号)ほほ笑みの数だけ心強くなれ 花が咲きますように…など、「前を向いて笑顔になれば、道は開かれる」といった人生へのエールだ。

 同曲を歌うにあたり、「うたのおにいさんとしてではなく、横山だいすけとして歌うことで、そのバランスをどう取るべきかを悩んだ」という。

 これまでは子供に聴かせるために優しく歌ってきたが、歌詞への思いが加わったことで、力強く、体全体で表現しているように思える。劇団四季出身ということもあり、ミュージカルで培った経験がそうさせているのだろう。

 また、カップリング曲の「チクタクシンキング」は、レギュラー出演するNHK Eテレ「すイエんサー」のエンディングテーマ曲として、すでにおなじみだ。

 初回仕様限定盤には、全国リリースイベント終演後に行われるハイタッチ会の参加券と、29日開催予定のバースデーイベントに応募できるチラシが封入される。

 横山の夢はNHKホールとさいたまスーパーアリーナでのコンサート。子を持つ母親世代に加えて、若い女性層にまでファンが広がれば、夢の実現は近い。(山下伸基)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 「だいすけお兄さんが、人生の応援歌で本格メジャーデビュー」/週末エンタメ