2018.5.11 20:28(1/3ページ)

メーカーもメディアも「ニュル」に魅かれるワケは?【ニュルブルクリンク24時間耐久レース】

メーカーもメディアも「ニュル」に魅かれるワケは?【ニュルブルクリンク24時間耐久レース】

メーカーもメディアも「ニュル」に魅かれるワケは?

メーカーもメディアも「ニュル」に魅かれるワケは?【拡大】

 「新車開発の聖地」としてもよく知られるドイツ・北西部に位置するニュルブルクリンク。その歴史は非常に古く、オールドコースと呼ばれるノルドシュライフェは、第2次世界大戦前の世界不況の時代にヒトラーの提案により建設された巨大サーキットだ。

 サーキットと言いながらも、ヨーロッパの一般地方道に似たレイアウトで、1周約20.8kmと距離も凄いが、標高差300m、大小170を超えるコーナーは、低速から超高速域のスピードレンジまで多様多種。さらに路面状況はほとんどの路面が波打っており、埃っぽく滑る上、コース幅も狭くエスケープゾーンもほとんどない…など、世界有数の難関コースと呼ばれている。ちなみに日本のサーキットと比較してみると、富士スピードウェイは4.563km/高低差40m/16コーナー、鈴鹿サーキットは5.807km/高低差約40m/20コーナーと、ニュル巨大さが解るだろう。

 車両の総合的な性能がラップタイムに反映されやすいことから、世界の主要自動車メーカーのほとんどは、ここでテストを行なっている。コースの近郊には各メーカーのテストラボが存在し、開発途中のニューモデルのテストカーと遭遇する事も多々ある。

 ニュルブルクリンクは誰でも走行料を払えば走行が可能だが、プロドライバーに話を聞くと「ニュルは楽しいね……と言っているうちは本当のニュルではなく、走れば走るほど“怖さ”が見えてくる」と語る。百戦錬磨のプロドライバーですら追い込んでしまうニュルブルクリンクは「緑の地獄」と呼ばれるが、クルマだけでなくドライバーにとっても過酷なコースなのである。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. メーカーもメディアも「ニュル」に魅かれるワケは?【ニュルブルクリンク24時間耐久レース】