2018.5.11 20:17

アルファード追撃へ!メルセデス・ベンツ Vクラス改良型、高級志向と半自立運転をブラッシュアップ

アルファード追撃へ!メルセデス・ベンツ Vクラス改良型、高級志向と半自立運転をブラッシュアップ

アルファード追撃へ!メルセデス・ベンツ Vクラス改良型、高級志向と半自立運転をブラッシュアップ

アルファード追撃へ!メルセデス・ベンツ Vクラス改良型、高級志向と半自立運転をブラッシュアップ【拡大】

 メルセデス・ベンツのミニバン「Vクラス」改良型プロトタイプをカメラが再び捉えました。

 捉えた開発車両は擬装が軽くなり、フロントバンパーのデザインが見えてきた他、ジエーターグリルには薄いフィンと大型化されたスリーポインテッドスターが装備されています。

 注目したいのは、フロントガラス上部にあるセンサーとグリル中央の大きなセンサーです。これは半自立機能を装備している可能性があります。さらに既存の緊急ブレーキ、レーンキープアシスト、横風アシスト、クルーズコントロールなど安全システムが最新世代へアップグレードされるようです。

 パワートレインは160psを発揮する「220d」、187psを発揮する「250d」がキャリオーバーされる見込みで、燃費向上がなされる可能性もあるようです。

 室内には、「Aクラス」に採用が決まった「MBUX」スマートマルチメディアシステムの搭載が濃厚で、コックピットの高級化が図られます。ダッシュマウントされた2つのディスプレイのタッチスクリーンから、実行したい多くのリクエストを呼び出すことが可能で、音声入力にも対応します。

 これら半自立機能や高級志向により、トヨタ・アルファード/ヴェルファイアを筆頭に存在する、国産高級ミニバンに対抗することになりそうです。

 ワールドプレミアは早ければ2018年秋、遅くとも2019年春までには行われる可能性が高いようです。(APOLLO)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. アルファード追撃へ!メルセデス・ベンツ Vクラス改良型、高級志向と半自立運転をブラッシュアップ