2018.5.10 11:30

【365日グラドル日記(347)】新時代のビジュアルクイーンを発掘する「ミスマガジン」でグランプリ獲得を目指す岡本桃花

【365日グラドル日記(347)】

新時代のビジュアルクイーンを発掘する「ミスマガジン」でグランプリ獲得を目指す岡本桃花

特集:
サンスポGoGoクイーン
365日グラドル日記
高校1年に進学したばかりの岡本桃花。フレッシュな魅力にあふれている

高校1年に進学したばかりの岡本桃花。フレッシュな魅力にあふれている【拡大】

 ★岡本桃花(16、サンミュージックプロダクション所属) ★生年月日 2002年4月19日 ★出身 山口県 ★デビュー 2015年2月 ★スリーサイズ 1メートル61、B83W61H85

 1982年に始まり、斉藤由貴(51)や倉科カナ(30)、北乃きい(27)らを輩出した名門ミスコンテスト「ミスマガジン」でベスト16に進出した岡本桃花。グランプリ獲得を目指して奮闘する彼女の魅力に迫る!

 --芸能界デビューのきっかけは

 「原宿でスカウトされました」

 --芸能界に興味はあった

 「そのときは、あんまりなくて…。お母さんに『やってみたら?』と勧められて挑戦しました」

 --「ミスマガジン」のオーディションで水着に初挑戦

 「初めてで緊張して、どういうポーズを取っていいのか難しかった」

 --グラビアでどんなところを見てほしい

 「子供でも大人でもない、今だけの私を表現できたら」

 --仕事でのエピソードを教えて

 「TOKYO MXの『あつまれVRフレンズ』にレギュラー出演(17年1~12月)していたとき、初めてのテレビ収録でしゃべるのが苦手な私に、共演の河北麻友子さんとパックンさんがいろいろアドバイスしてくれました」

 --特技は

 「ヒップホップダンスを小学2年から中学1年まで、フラダンスもその後1年ぐらい習っていました」

 --最近ハマっていることは

 「高校生になったらカフェ巡りがしたいと思って、中学卒業前からお店を調べ始めたんですけど、まだ行けてなくて…。今も店調べにハマっています(笑)。70軒ぐらいたまっているから行かないとなぁ」

 --好きな男性のタイプは

 「優しくて、子供が好きな人。私も子供が好きなので」

 --目標は

 「石原さとみさん。かわいいし、どんな役でもこなせる。私もそんな女優さんになりたいです」

 --将来の夢は

 「子供からお年寄りまで、世代を超えて愛される女優になりたい! あとは(出身地の)山口県の観光大使をやってみたいな。瓦そばや生ういろう、フグなどおいしいものがいっぱいあるんですよ」

 「ミスマガジン」の投票は、7日に発売された「ヤングマガジン」23号に付いている「グランプリ決定投票専用ハガキ」で受付中(20日の消印有効)で、16歳の新星に清き1票を!

 岡本はライブ配信アプリ「SHOWROOM」で“時間割スタイル”の動画をアップ。1時間目が午前6時30分~7時、2時間目が午後6時~7時、3時間目が同8時30分~10時まで。連日更新しており、“学級委員長”として奮闘する彼女を応援しよう。

 サンケイスポーツは東京発刊55周年。それを記念して、全国のグラドル(未経験者も含む)から選出するサンスポキャンペーンガール「サンスポGoGoクイーン」を22日まで募集を受け付けています。

 芸能事務所に所属していても、フリーでも、芸能活動未経験者でも、18歳以上の女性ならOK。予選の段階からサンスポ紙面やサンスポコムを中心に候補者を紹介するほか、予選、本選通過者全員を随時紙面に掲載していく予定です。詳細はhttp://www.sanspo55.com

  • 高校1年に進学したばかりの岡本桃花。フレッシュな魅力にあふれている
  • 高校1年に進学したばかりの岡本桃花。フレッシュな魅力にあふれている
  • 高校1年に進学したばかりの岡本桃花。フレッシュな魅力にあふれている
  • 高校1年に進学したばかりの岡本桃花。フレッシュな魅力にあふれている
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【365日グラドル日記(347)】新時代のビジュアルクイーンを発掘する「ミスマガジン」でグランプリ獲得を目指す岡本桃花