2018.5.2 17:48

松岡昌宏、山口達也の甘えがTOKIOにあるなら「一日も早くなくした方がいい」

松岡昌宏、山口達也の甘えがTOKIOにあるなら「一日も早くなくした方がいい」

特集:
TOKIO
会見に臨む(左から)長瀬智也、国分太一、城島茂、松岡昌宏=東京・紀尾井町(撮影・中井誠)

会見に臨む(左から)長瀬智也、国分太一、城島茂、松岡昌宏=東京・紀尾井町(撮影・中井誠)【拡大】

 女子高生を自宅に招き、無理やりキスをしたとして強制わいせつ容疑で書類送検されたTOKIOの山口達也(46)について東京地検が1日、不起訴となる起訴猶予処分とした。これを受け、リーダーの城島茂(47)、国分太一(43)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)のメンバー4人が2日、東京都内で会見し、グループとして謝罪した。

 松岡昌宏「今回の山口の事件で本当に被害をお受けになった家族の方、いままで支えてくださった関係者、応援してくれたファンの方々、本当に申し訳なく、情けない気持ちでいっぱいです。みなさんが山口の会見をご覧になってご指摘されていた、『自分に席があるならそこに帰りたい』という発言を自分で目にしたときに、彼の甘ったれたあの意見は、どこから生まれるのかと思った。

 あのときの彼は自分が崖っぷちではなく、自分が崖の下に落ちていることを気付いていなかったと思います。そうした甘えの根源は何かと考えたときに『TOKIOに戻りたい。TOKIOという帰る場所がある』。もしそういう気持ちが彼の中にあり、その甘えの根源がTOKIOにあるなら、あくまで自分の意見ですが、そんなTOKIOなら一日も早くなくした方がいいと思う。もし自分が視聴者だったら、テレビを見ていたらそういう気持ちになっていたと思う。

 本当に申し訳なく情けないが、ありがたいことに、番組継続、仕事継続という(先方からの)声をいただいて、僕らができることが何かという中で、それをしっかり果たしていくのが、プロではないかという狭間で戦っている。与えられたことをきっちりやるというのがプロ」

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 松岡昌宏、山口達也の甘えがTOKIOにあるなら「一日も早くなくした方がいい」