2018.5.2 18:27(1/2ページ)

【謝罪会見一問一答(4)】城島茂「TOKIOという名前はいただいていたが仕事はなかった」 音楽活動白紙は断腸の思い

【謝罪会見一問一答(4)】

城島茂「TOKIOという名前はいただいていたが仕事はなかった」 音楽活動白紙は断腸の思い

特集:
TOKIO
謝罪会見に臨むTOKIOの城島茂=東京都千代田区(撮影・蔵賢斗)

謝罪会見に臨むTOKIOの城島茂=東京都千代田区(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 女子高生を自宅に招き、無理やりキスをしたとして強制わいせつ容疑で書類送検されたTOKIOの山口達也(46)について東京地検が1日、不起訴となる起訴猶予処分とした。これを受け、リーダーの城島茂(47)、国分太一(43)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)のメンバー4人が2日、東京都内で会見し、グループとして謝罪した。

 会見での主なやり取りは以下の通り。

 --所属事務所の社長となにか話は

 城島「仕事があって時間が取れなかったので電話をいれたら留守電でした。そこにメッセージを入れたら10分後にかかってきた。『心配した。どうしたの。大丈夫なの」と心配してくれた。それから『僕自身、何ができるかわからないが、50近い人間の集まりなんだから、しっかり考えて答えなさい』と、励まされたという感じでした」

 --グループ存続に関しては

 城島「辞表を預かってますと伝えたら、『なるほど』ということだった。4人がどうすればいいかと結果が出なかったから預かってます。答えを出すのを待ってくれと伝えました。『それはわかった』と言ってくれた」

 --音楽活動について

 長瀬「僕らは23年バンドでやってきましたから、1つの音がなくなることはそういうことなんだと思う。TOKIOの楽曲は彼が演奏する音がないと形にならない。今そういう状況で、それからのことは4人でまたゆっくりと考えながら話し合いながらやっていきたい」

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【謝罪会見一問一答(4)】城島茂「TOKIOという名前はいただいていたが仕事はなかった」 音楽活動白紙は断腸の思い