2018.5.1 05:01

平尾容疑者、脱走前叱責され落ち込んだ姿も

平尾容疑者、脱走前叱責され落ち込んだ姿も

 愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から受刑者の平尾龍磨容疑者(27)が脱走した事件で、広島県警は30日、JR広島駅近くの広島市南区西蟹屋3丁目の路上で平尾容疑者を発見、逃走の疑いで逮捕した。

 平尾容疑者は脱走前、刑務官に叱責され、落ち込んだ姿を見せていた。作業場での手順が評価され、刑務官の注意事項を伝えるなどする安全対策の委員になった。だが3月、ヘルメットをかぶり、ふざけたことを刑務官にとがめられた。脱走3日前の4月5日には、物のやりとりが禁止されているのに、出所者の座布団を持っていたため叱られた。その後、考え事をしながら落ち込む様子が確認されている。刑務所の関係者は「委員なのに情けないという思いや、信頼がなくなる不安もあったのかもしれない」と話した。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 平尾容疑者、脱走前叱責され落ち込んだ姿も