2018.5.1 13:22

米韓首脳が電話会談 板門店の長所短所検討

米韓首脳が電話会談 板門店の長所短所検討

 韓国大統領府関係者は1日、4月28日に行われた文在寅大統領とトランプ米大統領との電話会談で、米朝首脳会談を板門店で開催する案について議論が交わされたと明らかにした。「両首脳間で会談場所はどこがいいかを話す中で、自然に板門店が挙がった」と述べた。

 両首脳は板門店で開催する場合の長所と短所を検討。トランプ氏は板門店の施設の名称などをよく知っていたという。

 同関係者は「板門店は分断の象徴的な場所ではないか」と語った上で「分断を解消し、新たな平和の里程標を立てる場所として、相当に意味があると思う」と述べた。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 米韓首脳が電話会談 板門店の長所短所検討