2018.5.1 13:04

「おむすび」か「おにぎり」? 麒麟がNHK特番で司会

「おむすび」か「おにぎり」? 麒麟がNHK特番で司会

5月1日放送のNHK特番「境界調査バラエティー ニッポンのワケメ」に出演する左から田村裕、川島明(NHK提供)

5月1日放送のNHK特番「境界調査バラエティー ニッポンのワケメ」に出演する左から田村裕、川島明(NHK提供)【拡大】

 お笑いコンビ、麒麟の川島明(39)と田村裕(38)が、1日午後7時半から放送のNHK特番「境界調査バラエティー ニッポンのワケメ」で司会を務める。同番組ではグルメ、言葉、生活習慣など日本の「境界線=ワケメ」やワケメができた理由などを徹底調査。

 今回は〔1〕クリームシチューをご飯にかける?かけない?〔2〕風呂あがりのバスマットに足をふいて乗る?そのまま?〔3〕「おむすび」か「おにぎり」、呼び方はどっち?などを検証する。中尾彬(75)、磯野貴理子(54)、お笑いコンビ・アンガールズの田中卓志(42)、大島麻衣(30)も出演し、持論を展開しながらワケメに斬り込む。

 川島は「企画をいただいたときにすごいおもしろそやなと思った。それが(日本の中央部にある)名古屋ということで、境界を決めるにはうってつけの場所からお届けできるのもすごいうれしい」と気合十分だ。田村は「自分が多数派やと思ってたら意外と少数派やったりとか、意外なものが見えてくる」と興味津々だった。

 制作のNHK名古屋放送局は今回、約1000人の調査員を投入し“ワケメ”をより正確に判定。テレビ業界では「ただ単におもしろいだけでなく、学術的な大発見もあるのでは」とレギュラー化を望む声も上がっており、同局の小川康之チーフプロデューサーは「文化人類学や暮らしなど、さまざまなテーマを取り上げながら、違いを知ることで多様性を受け入れることができるということを伝えたい」と話していた。

  • NHK特番「境界調査バラエティーニッポンのワケメ」に出演する左から田中卓志、磯野貴理子、川島明、中尾彬、大島麻衣(NHK提供)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 「おむすび」か「おにぎり」? 麒麟がNHK特番で司会