2018.4.28 05:02

山口達也、再入院も 「『今は』絶対飲まない」酒への“依存”の強さ浮き彫りに

山口達也、再入院も 「『今は』絶対飲まない」酒への“依存”の強さ浮き彫りに

特集:
TOKIO

 酩酊状態になって、わいせつな行為に及んでしまった山口。無期限謹慎期間中は酒を断つため、再び入院することになりそうだ。

 山口は肝機能の低下で、2016年と今年1月に入院。アルコール依存症は否定したものの、今回、退院したその日に焼酎を1本空けて泥酔状態で女性にキスしており、酒への“依存”の強さが浮き彫りに。「今は絶対に飲まないと決めている」と誓ったが、「今は」の言葉に、決意の弱さがにじみ出ていた。

 「通院や入院を含め、今後の治療を考えていかないといけないだろう」と関係者。この日は東京・港区内の自宅で過ごしたとみられる山口は、謹慎中に酒を断つ治療を受けることになる。

 今後は4人で活動するTOKIO。山口の謹慎期間は1年ほどとみられ、24年連続出場中のNHK紅白歌合戦の出場にも黄信号がともった。

 また、来年はデビュー25周年。これまで周年時はツアーや記念公演を行っており、今年9月からの25周年イヤーも同様だったはずで、こちらも暗雲が立ちこめている。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 山口達也、再入院も 「『今は』絶対飲まない」酒への“依存”の強さ浮き彫りに