2018.4.28 19:02

WINNER、初の日本武道館公演 2年ぶり4度目の日本ツアーの締めくくり

WINNER、初の日本武道館公演 2年ぶり4度目の日本ツアーの締めくくり

日本ツアーの最終公演を行ったWINNER(左から)ソン・ミノ、キム・ジヌ、カン・スンユン、イ・スンフン

日本ツアーの最終公演を行ったWINNER(左から)ソン・ミノ、キム・ジヌ、カン・スンユン、イ・スンフン【拡大】

 韓国人気グループ、BIGBANGの弟分4人組、WINNERが、2年ぶり4度目の日本ツアーの締めくくりとして28日、初の東京・日本武道館公演を行った。

 2014年9月の日本デビューから3年8カ月でつかんだ“音楽の聖地”に、ボーカルのキム・ジヌ(26)は「ついに僕たちが武道館ステージで皆さんと会えてすごくうれしい」と感無量。ラップのイ・スンフン(26)は「あいうえお作文」に挑戦し、「武=武道館に来て。道=ドキドキする僕のこの気持ちを皆さんも。館=感じてらっしゃいますよね?」と呼びかけ、1万3000人の観客を喜ばせた。

 代表曲「LOVE ME LOVE ME」で幕開け。ヒット曲「REALLY REALLY」や、6月13日に4年ぶりに発売するアルバム第2弾「EVERY4Y」の収録曲「EVERYDAY」を日本語で初披露するなど22曲を熱唱。

 一昨年11月に5人から4人体制となって初のツアーは7カ所11公演で計約3万4000人を動員。ラップのソン・ミノ(25)は「(日本デビューした)最初のころは準備ができていなくて、緊張もいっぱいでした。初めて覚えた日本語が『一生一緒だよ』。愛してるよ」と号泣すると、スンフンは「絶対にすぐに新しいツアーで戻ってくることを約束します」と再会を宣言した。

 リーダーのカン・スンユン(24)は「僕が日本で初めて見た公演が(2013年のBIGBANGの)D-LITE先輩の武道館公演でした。僕もいつか立つことができたらと夢見ていたステージに、4人で立つことができて本当に幸せです」と感涙し、ファンは大感激。メンバーの家族も韓国から駆けつけ、客席で4人の雄姿を見守った。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. WINNER、初の日本武道館公演 2年ぶり4度目の日本ツアーの締めくくり