2018.4.28 17:09

神野美伽、演歌歌手として初めて東北最大のロックフェスに参加

神野美伽、演歌歌手として初めて東北最大のロックフェスに参加

ロックフェス「ARABAKI ROCK FEST’18」に演歌歌手で初めて参加した神野美伽

ロックフェス「ARABAKI ROCK FEST’18」に演歌歌手で初めて参加した神野美伽【拡大】

 演歌歌手、神野美伽(52)が28日、宮城・川崎町で行われた東北最大のロックフェス「ARABAKI ROCK FEST.18」に演歌歌手として初めて参加した。

 “演歌を聴いたことがない”ロック好きのオーディエンス約2000人を前に、「最後まで楽しんでいってください!」と歌手の故美空ひばりさんの「りんご追分」でライブはスタート。

 ギターにTHE COLLECTORSの古市コータロー(53)、ドラムにはThe Birthdayのクハラカズユキ(49)を従え、オリジナル曲「あんたの大阪」など全7曲をパワフルな歌声で披露した。

 神野は「野外でのステージは格別。演歌を知らないお客さんばかりだったと思いますが、バンドの皆の力も借りて演歌の魅力を伝えることができたと思います。お客さんと繋がる瞬間を感じることができた。今後ももっと多くの方に演歌の魅力を届けたい」と意気込んでいた。

 “荒吐特別編成”としてキーボードの山本健太、サックスの青木ケイタも参加した。5月18日には35周年公演を東京・中野サンプラザで開催する。

  • ロックフェス「ARABAKIROCKFEST’18」に演歌歌手で初めて参加した神野美伽
  • ロックフェス「ARABAKIROCKFEST’18」に演歌歌手で初めて参加した神野美伽
  • ロックフェス「ARABAKIROCKFEST’18」に演歌歌手で初めて参加した神野美伽
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 神野美伽、演歌歌手として初めて東北最大のロックフェスに参加