2018.4.22 15:30

小倉一郎、40年を経て4度目の結婚「すまないという気持ちがずっとあった」

小倉一郎、40年を経て4度目の結婚「すまないという気持ちがずっとあった」

披露宴を行った、左からまきさん、小倉=横浜・神奈川区

披露宴を行った、左からまきさん、小倉=横浜・神奈川区【拡大】

 昨年2月に4度目の結婚をした俳優、小倉一郎(66)が22日、横浜市内のレストランで夫人のまきさん(61)との結婚披露宴を行った。

 司会は歌手の仲雅美(67)が務め、小倉と共演歴のある女優、筒井真理子(55)ら、役者仲間など約120人が出席した。

 小倉が23歳の頃に交際していたまきさんから、5年ほど前にフェイスブックを通じて連絡が届き愛が再燃。

 披露宴前に取材に応じた小倉は、40年の歳月を経ての結婚に、「すまないという気持ちがずっとあった。まきさんのおばさんに『必ず迎えに行きます』と約束していたので、現実になってよかった」と語り、まきさんは「遠い昔の落とし物ですよね」と笑顔。

 結婚から期間が空いての披露宴開催については、「けじめでもありますし、この年になると不幸で集まることばかりだから、いいことで集まるのもいいかと思ってね」としみじみ。

 「どんな夫婦に?」という質問には、まきさんから、「優しいところが好きだけど(小倉の)介護だけはいや」とつっこまれながらも、「デートを重ねて恋愛をし、添い遂げたい」と“最後の結婚”を誓った。

 主な出席者 ミュージシャンの大石吾朗(71)、俳優の江藤潤(66)、三ツ木清隆(61)、岡本富士太(71)※順不同

  • 披露宴を行った、左からまきさん、小倉=横浜・神奈川区
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 小倉一郎、40年を経て4度目の結婚「すまないという気持ちがずっとあった」