2018.4.22 05:02

演歌界の龍馬になるぜよ!三山ひろし、地元・高知で新曲「いごっそ魂」熱唱

演歌界の龍馬になるぜよ!三山ひろし、地元・高知で新曲「いごっそ魂」熱唱

咸臨丸の前で「日本の夜明けぜよ!」とポーズを決める三山 =高知市

咸臨丸の前で「日本の夜明けぜよ!」とポーズを決める三山 =高知市【拡大】

 高知県出身の演歌歌手、三山ひろし(37)が21日、高知市の坂本龍馬記念館で行われた「志国高知 幕末維新博」の開幕セレモニーに出席した。

 明治維新150年を記念した博覧会。三山は同県観光特使を務め、ロングヒット中の最新曲「いごっそ魂」では維新の立役者となった地元の英雄、龍馬を歌っていることから参加。この日リニューアルオープンした同記念館の前で熱唱した。

 土佐弁で龍馬のような「信念を貫く男」を意味する同曲は、3年前に同記念館の学芸員に依頼されて誕生。大志を抱いて夢に突き進んだ龍馬と、日本一の演歌歌手を目指す三山の姿が重なったことからオファーされた。

 セレモニー後は龍馬に扮し、江戸幕府の軍艦を模したクルーズ船「咸臨丸」に乗船。船上でも同曲を歌い上げ、「演歌界で一番と言ったら三山の名前が挙がるように、龍馬さんみたいに後世まで語り継がれる歌手になるぜよ!」と“いごっそ魂”の継承を誓った。

  • 咸臨丸の前で「日本の夜明けぜよ!」とポーズを決める三山=高知市
  • 咸臨丸の前で「日本の夜明けぜよ!」とポーズを決める三山=高知市
  • 咸臨丸の前で「日本の夜明けぜよ!」とポーズを決める三山=高知市
  • 「志国高知幕末維新博」の開幕セレモニーで新曲「いごっそ魂」を熱唱する三山ひろし=高知市
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 演歌界の龍馬になるぜよ!三山ひろし、地元・高知で新曲「いごっそ魂」熱唱