2018.4.19 13:54

宝塚歌劇団104期生がラインダンス稽古公開、碧音斗和「夢にまで見た大劇場」

宝塚歌劇団104期生がラインダンス稽古公開、碧音斗和「夢にまで見た大劇場」

記念写真に納まる第104期生=宝塚市・宝塚歌劇団(撮影・林俊志)

記念写真に納まる第104期生=宝塚市・宝塚歌劇団(撮影・林俊志)【拡大】

 今年4月、宝塚歌劇団に入団した第104期生40人が19日、兵庫県宝塚市の歌劇団稽古場でラインダンスを披露した。

 黒いレオタード姿で両手首に桜のポンポンを着けて整列。唱歌やコブクロなど「桜」がテーマのメドレー曲をバックに、足上げや足踏みなど激しい振り付けのダンスを4分45秒、初々しい笑顔で踊りきった。

 首席の男役、碧音斗和(あおね・とわ)は「夢にまで見た大劇場で40人全員で一つの目標に向かってお稽古して参りました」と同期の団結力をアピール。「かわいいお衣装とすてきな振り付けに負けないようがんばります」と誓った。真白悠希(ましろ・ゆうき)も「40人が一緒に立つ最初で最後の舞台。大きな桜を咲かせたいです」と目を輝かせた。

 初舞台生は27日に宝塚大劇場で開幕する星組公演「Killer Rouge」(6月4日まで)でお披露目される。

  • 第104期生がラインダンスを披露=宝塚市・宝塚歌劇団(撮影・林俊志)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 宝塚歌劇団104期生がラインダンス稽古公開、碧音斗和「夢にまで見た大劇場」