2018.4.17 10:00(1/2ページ)

【関西レジェンド伝】坂田利夫(2) 新婚・西川きよし宅に居候 新喜劇ヒロイン、ヘレンさんに食わせてもらっていた

【関西レジェンド伝】

坂田利夫(2) 新婚・西川きよし宅に居候 新喜劇ヒロイン、ヘレンさんに食わせてもらっていた

特集:
関西レジェンド伝
西川きよし、ヘレン夫妻は2014年の50周年記念公演にも駆けつけてくれました

西川きよし、ヘレン夫妻は2014年の50周年記念公演にも駆けつけてくれました【拡大】

 吉本新喜劇のオーディションは、1500人受けて合格は15人だけ。同期にはレツゴー三匹の逢坂じゅんさん(2014年死去)がおりました。審査員の中には花菱アチャコ先生もいらっしゃって、僕を推してくれたそうです。アチャコ先生にはかわいがってもらいました。ただ、お金の管理はしっかりされている方でしたね。

 新喜劇の研究生になったはいいものの、与えられた役は通行人ばかり。上手から下手へ静かにはける、というだけでした。それでも芸能人になったのがうれしくてね。電車の中で周りの人に見えるように台本を読んでましたわ。せりふなんかひとつもないのに、覚えてるふりをしてました。

 その頃は、舞台が終わった後がしんどかった。宴会してる先輩たちの隣の部屋で待ってるんですわ。すると「ビール買うてこい」と命令されてね。夜中の2時、3時でっせ。肩もんで、靴みがいて、着替え手伝って。つらくて1週間でやめたんやけど、会社から家に電話かかってきましてね。辛抱せえよと諭されました。

 そのうち、(本名の)地神という名字は覚えにくいから芸名を考えろと言われました。楽屋に村田英雄さんの「王将」の歌詞が貼ってありましてね、王将といえば阪田三吉かなと思いまして、そこから「坂田利夫」にしたわけです。

 研究生の頃はおふくろに弁当つくってもらってました。ところが、出番が終わって楽屋に戻って弁当を広げたら、半分なくなってる。おかずも飯もきっちり半分だけ食べて、きれいに風呂敷で包み直してあるんです。それが何回か続いたので、誰が食べてんのやと楽屋に戻ってみたら、西川きよしさんでした。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【関西レジェンド伝】坂田利夫(2) 新婚・西川きよし宅に居候 新喜劇ヒロイン、ヘレンさんに食わせてもらっていた