2018.4.17 15:22(1/2ページ)

【マツダ・CX-5 XD Lパッケージ試乗】CX-8と同じチューニングのディーゼルエンジン搭載で走りのフィーリングがアップ

【マツダ・CX-5 XD Lパッケージ試乗】

CX-8と同じチューニングのディーゼルエンジン搭載で走りのフィーリングがアップ

【マツダ・CX-5 XD Lパッケージ試乗】CX-8と同じチューニングのディーゼルエンジン搭載で走りのフィーリングがアップ

【マツダ・CX-5 XD Lパッケージ試乗】CX-8と同じチューニングのディーゼルエンジン搭載で走りのフィーリングがアップ【拡大】

 ミドルクラスのSUVとして高い人気を誇っているマツダのCX-5がマイナーチェンジを受けました。マイナーチェンジのポイントは搭載エンジンの変更です。ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、どちらも変更を受けましたが、今回はディーゼルエンジンモデルについてレポートします。

 CX-5に搭載されたディーゼルエンジンはCX-8で採用されているものと同一です。もともとこの2種のエンジンは基本的には同じエンジンなのですが、ピストンの形状を変更したり、燃料噴射装置を変更して制御を細かくしたり、冷却水の流量を変更して冬季の暖機性能を向上したりするなどしています。この結果、最高出力は190馬力、最大トルクは450Nmとスペックアップしました。

 実際に乗った印象では従来どおりの低速からグッと盛り上がるトルクを味わえるディーゼルらしいエンジンフィールが気持ちいいのですが、それに加えてアクセルペダルを踏んだときのトルクの盛り上がりがはっきりしています。

【続きを読む】

  • 【マツダ・CX-5XDLパッケージ試乗】CX-8と同じチューニングのディーゼルエンジン搭載で走りのフィーリングがアップ
  • 【マツダ・CX-5XDLパッケージ試乗】CX-8と同じチューニングのディーゼルエンジン搭載で走りのフィーリングがアップ
  • 【マツダ・CX-5XDLパッケージ試乗】CX-8と同じチューニングのディーゼルエンジン搭載で走りのフィーリングがアップ
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 【マツダ・CX-5 XD Lパッケージ試乗】CX-8と同じチューニングのディーゼルエンジン搭載で走りのフィーリングがアップ