2018.4.13 05:01

48歳マライア・キャリー、そううつ病告白「睡眠障害だと思っていた」

48歳マライア・キャリー、そううつ病告白「睡眠障害だと思っていた」

そううつ病を患っていると告白したマライア・キャリー(AP)

そううつ病を患っていると告白したマライア・キャリー(AP)【拡大】

 米人気歌手、マライア・キャリー(48)が米誌ピープルのインタビューで、双極性障害(そううつ病)を患っていると告白していることが12日、分かった。

 2001年に診断されたが、受け入れることができず、最近治療と薬物投与を始めたという。マライアは、当初は「ひどい睡眠障害だと思っていた」と振り返り、「(公表して)何もかも失うのがすごく怖かった。最近まで否定と孤独の中で過ごし、常に誰かに暴露されるかもしれないと恐れていた」と告白。治療後は調子が良く、スタジオで新作に取り掛かっていると明かしている。

 双極性障害は、うつ状態とそう状態を繰り返す気分障害の一つ。マライアは、かねてから激太りから激ヤセへの体形変化が注目されていた。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 48歳マライア・キャリー、そううつ病告白「睡眠障害だと思っていた」