2018.4.12 08:15

警官撃たれ死亡、殺人容疑で19歳同僚巡査を逮捕 滋賀・彦根

警官撃たれ死亡、殺人容疑で19歳同僚巡査を逮捕 滋賀・彦根

現場となった河瀬駅前交番前を警戒する警察官=12日午前0時15分、滋賀県彦根市

現場となった河瀬駅前交番前を警戒する警察官=12日午前0時15分、滋賀県彦根市【拡大】

 滋賀県彦根市の「河瀬駅前交番」で県警彦根署の井本光巡査部長(41)が拳銃で撃たれ死亡した事件で、県警は12日未明、行方不明だった同僚の巡査の男(19)の身柄を同県愛荘町で確保、殺人容疑で逮捕した。県警は、井本巡査部長を射殺したとみて動機やトラブルについて調べる。

 事件は11日午後8時45分ごろ、彦根市南川瀬町の河瀬駅前交番で、井本巡査部長が後頭部と背中を拳銃で撃たれ、椅子に座った状態で机の上にうつぶせで血を流して倒れているのが見つかった。

 県警によると、愛荘町の田んぼに同交番のパトカーが突っ込んだ状態で放置されているのが見つかり、県警は逃走に使用されたとみて捜索。12日午前1時35分ごろ、愛荘町内で巡査を発見し、身柄を確保した。巡査の拳銃も午前7時ごろ、隣接する同県豊郷町で見つかった。

 巡査は昨年4月に採用され、今年1月、河瀬駅前交番がある彦根署に配置された。11日は撃たれた巡査部長とこの巡査の2人で勤務していた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 警官撃たれ死亡、殺人容疑で19歳同僚巡査を逮捕 滋賀・彦根