2018.4.7 08:00

『西郷どん』篤姫役の北川景子、薩摩弁は「メロディーで覚えた」

『西郷どん』篤姫役の北川景子、薩摩弁は「メロディーで覚えた」

特集:
北川景子
自分らしい篤姫を全身全霊で演じている北川

自分らしい篤姫を全身全霊で演じている北川【拡大】

 NHK大河ドラマ「西郷どん」(日曜後8・0)で篤姫役を好演中の女優、北川景子(31)に初大河の感想や、共演の渡辺謙(58)、又吉直樹(37)について聞いた。

 「いつか出たいと思っていたのでうれしい」。喜びを満面の笑みで表しながら、「所作はできて当たり前。その上で自分をどう表現するか。役者を信頼してくれる反面、責任感のある現場です」と撮影には緊張感を持って臨んでいる。

 篤姫といえば、2008年の「篤姫」で宮崎あおい(32)が演じたイメージが強いだけに「オリジナリティーをどうやって出すか悩んだ」という。薩摩弁も難しく「歌を覚えるように、メロディーで覚えるしかなかった」と四苦八苦。今年は正月休みを返上して、琴も猛特訓、撮影前には2泊3日で篤姫ゆかりの地、鹿児島を訪れた。空気に触れ、人となりを学び「裏表がなく、はっきり意見するところは似ている」と芯の強い篤姫を表現している。

 養父・島津斉彬役の渡辺とは昨年のTBS系ドラマ「しあわせの記憶」に続く親子役で「間のとり方やお辞儀の仕方、細かいアドバイスをしてくださった」と感謝した。

 8日は、又吉演じる13代将軍・徳川家定にこし入れする注目の回。「大河は全国放送されるので、多くの方に覚えてもらえるチャンス」と期待していた。 (青森正宣)

  • 「西郷どん」北川景子
  • 「西郷どん」北川景子
  • 「西郷どん」北川景子
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 『西郷どん』篤姫役の北川景子、薩摩弁は「メロディーで覚えた」