2018.3.23 16:09

岡村隆史、とんねるずは「吉本にはいない感じのスーパースター」

岡村隆史、とんねるずは「吉本にはいない感じのスーパースター」

ナインティナインの岡村隆史

ナインティナインの岡村隆史【拡大】

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(47)が23日、ニッポン放送「岡村隆史のオールナイトニッポン」(金曜前1・0)で、フジテレビ系バラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜後9・0)が22日で最終回を迎えたことに「本当に寂しい」と吐露した。

 とんねるずの石橋貴明(56)は以前、通常の1時間枠で「みなおか」が終了することに「『数字が取れないから』と言われた」と話していたが、岡村は「そんなことは絶対なくて、多分、とんねるずさん的に普通に1時間で終わったほうがきれいという判断」と推測。岡村はスケジュールの都合で、同番組の最終回を「がっつりとは見れなかった」ものの録画はしたと明かした。

 エンディングでとんねるずは、1991年に発売したヒット曲「情けねえ」を熱唱した。「(2人が)歌ってるの見て、やっぱりかっこええなあと思って。なかなか吉本には、いてない感じのスーパースターやなあと思って、最後見てました」とポツリ。「本当に寂しい思いもありますけども、たぶん1、2年したらまた戻って来はんのちゃうかなあって。2年もかからへんのちゃうかなあ。また復活するような気もするんですけど」と予想した。

 また、2人が歌詞を変えて「バラエティーを滅ぼすなよ」などと歌ったことにも触れて「最後の歌詞にもあったと思うんですけど、やっぱバラエティーという……ねえ……本当に何なんでしょう。情報、グルメ、東大、クイズ。そんなことばっかりになってきますから。なんかね、寂しいですね。パロディーとかも見れなくなるっていうのが。やっぱり、そういうのも見たいですし。スタジオでもう難しいんでしょう、ガーッとセット組んでなんかやるっていうことも。なかなかできなくはなるんでしょうけども、うまいことやりくりしながら、そういう番組が復活して見れたらいいなあっていう思い」と語った。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 岡村隆史、とんねるずは「吉本にはいない感じのスーパースター」