2018.3.14 20:13

高島礼子、主演映画で納棺師演じる「とても大切な職業だと思います」

高島礼子、主演映画で納棺師演じる「とても大切な職業だと思います」

(左から)2VOICE(叶央介、原順子)、渡部、高島、文音、風谷南友、伊藤監督=東京・有楽町

(左から)2VOICE(叶央介、原順子)、渡部、高島、文音、風谷南友、伊藤監督=東京・有楽町【拡大】

 女優・高島礼子(53)が14日、東京都内で行われた主演映画「おみおくり」(伊藤秀裕監督、24日公開)の完成披露上映会舞台あいさつに出席した。同作は7つのお別れエピソードを軸に、死の現場にある悲しみと、あふれんばかりの愛を描いた物語。

 高島は、悲しい過去を背負う女納棺師の満島弥生を演じ、「とても大切な職業だと思いますし、この作品を通じて興味をもってもらいたい」とコメント。死生観について質問されると「残された方たち、大切な人たちに悲しんでほしくない。自分がいなくなっても、がんばって生きてほしい」と笑顔で訴えた。

 女優の文音(29)、風谷南友、俳優の渡部秀(26)伊藤秀裕監督(70)らも登壇。

 主題歌を担当した2VOICE(原順子、叶央介)によるミニライブも行われた。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 高島礼子、主演映画で納棺師演じる「とても大切な職業だと思います」