2018.3.7 23:30(1/2ページ)

涙の北島三郎、亡くなった次男をしのぶ「息子であって、よき相方でもあった」

涙の北島三郎、亡くなった次男をしのぶ「息子であって、よき相方でもあった」

次男の大野誠さんが亡くなったことを受け、記者会見で話す北島三郎。涙が止まらなかった=7日、東京都新宿区

次男の大野誠さんが亡くなったことを受け、記者会見で話す北島三郎。涙が止まらなかった=7日、東京都新宿区【拡大】

 歌手、北島三郎(81)が7日、次男で音楽家、大野誠さん(51)が東京・調布市の自宅で3日に遺体で発見されたことを受け、東京都内で会見した。まず、北島の長男で所属事務所の社長が、誠さんの突然死について説明。最後に話したのは先月22日で楽曲制作を依頼した際という。誠さんは仕事に熱中するタイプで2~3日連絡がつかないことはあったが「さすがに1週間音信不通になって、『おかしいな』と。それで僕が安否確認をしに行った」と語った。

 長男が調布市内の自宅兼スタジオに入ると、服を着たまま倒れている誠さんを発見。死後数日以上経過していた。3日午後9時頃、自宅にいた父・北島に電話で報告。通夜はこの日家族葬で東京都内で営み、喪主は北島が務めた。葬儀は8日に執り行うという。

 その後、北島が会見。マイクを向けられると「大事な大事な、かわいいわが子が先に旅立ってしまったというのが、その辛さがございます」と声を詰まらせた。訃報を聞いたときは「答えようがなかった」。誠さんの遺体とは6日に対面。「眠っているようだった。最後に会ったのは今年、正月。まあ、体に気を付けて頑張れよと、声をかけた。変わった様子はなかった」という。

 息子であり、音楽家としても尊敬し合う仲だった。誠さんはロックバンド、1st BLOODのボーカルを担当。1988年に「American Dream」でデビューした当時、親子で対談。その際、「まだまだ、お前には負けん」と叱咤激励をしたこともあったが「それが闘志になって、頑張ってくれればと思った。我が息子でありながら、こんなにセンスあるやつだなと。息子であって、よき相方でもあった」と語った。

【続きを読む】

  • 記者会見を行った北島三郎。涙が止まらなかった=東京・新宿(撮影・早坂洋祐)
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 涙の北島三郎、亡くなった次男をしのぶ「息子であって、よき相方でもあった」