2018.2.14 05:02(1/2ページ)

国民栄誉賞受賞の羽生棋聖&井山十段、記念品は硯と筆

国民栄誉賞受賞の羽生棋聖&井山十段、記念品は硯と筆

安倍首相(中)から贈られた盾を手に、羽生氏(右)と井山氏が記念撮影に応じた (撮影・斎藤良雄)

安倍首相(中)から贈られた盾を手に、羽生氏(右)と井山氏が記念撮影に応じた (撮影・斎藤良雄)【拡大】

 将棋史上初の永世七冠を達成した羽生善治棋聖(47)=竜王=と、囲碁で初めて七冠独占を2度果たした井山裕太十段(28)の国民栄誉賞授与式が13日、首相官邸で行われた。国民栄誉賞は1977年の創設以来、23の個人と1団体が受賞しているが、将棋界と囲碁界からの受賞はともに初。

 和服姿で授与式に臨んだ両氏。羽生氏には長女の舞花さんらも付き添った。安倍晋三首相(63)からは「歴史に刻まれる偉業を達成し、多くの国民に夢と感動を与えた」とする表彰状が手渡された。

 授与式後は東京都内でそろって記者会見した。羽生氏は「受賞を大きな励みとし、前向きに進んでいきたい。自分の限界に挑戦したい」と強調。続けて井山氏は「今後に期待しているものと解釈している。棋士としても人間としても努力していきたい」と述べ、ともに一層の精進を誓った。

【続きを読む】

  • 井山氏に贈られた硯や筆の記念品
  • 国民栄誉賞受賞者
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 国民栄誉賞受賞の羽生棋聖&井山十段、記念品は硯と筆