2018.2.14 16:54(1/2ページ)

【新車】フォルクスワーゲンから、ついにディーゼル車両「パサートTDIとパサート・バリアントTDI」が日本導入

【新車】

フォルクスワーゲンから、ついにディーゼル車両「パサートTDIとパサート・バリアントTDI」が日本導入

【新車】フォルクスワーゲンから、ついにディーゼル車両「パサートTDIとパサート・バリアントTDI」が日本導入

【新車】フォルクスワーゲンから、ついにディーゼル車両「パサートTDIとパサート・バリアントTDI」が日本導入【拡大】

フォルクスワーゲンから、ついにディーゼル車両「パサートTDIとパサート・ヴァリアントTDI」が日本導入されました。

 フォルクスワーゲンのディーゼルエンジンは、かつて1977年のゴルフから導入され、パサートなど98年まで日本市場に投入されていましたが、日本での急激なディーゼル排ガス規制の影響により、20年ぶりに正規導入となったわけです。

 すでに他国では展開されていたパサートのディーゼルエンジンモデルですが、日本の排ガス規制に対応すべく準備していた矢先、米国でのコンピュータプログラム不正問題が発覚、販売面にも影響を受け、ディーゼルの導入どころではなくなっていたところです。

 その問題も落ち着き、技術的にも問題なくディーゼル導入の機が熟したといったところでしょう。今回を迎えたわけです。

 導入されるボディタイプは、セダンのパサートとステーションワゴンのパサート・ヴァリアント。搭載されるエンジンは最高出力140kW、最大トルク400Nmを発生する2リッターターボディーゼルエンジンで、コモンレール式燃料噴射システム、ディーゼルパティキュレートフィルター(DPF)、アドブルーを用いるSCR(選択触媒還元)システム、EGR(排気再循環)システムなどをフルに用いてNOxやPMを低減させ、クリーンな排気とJC08モード燃費は20.6km/Lを実現したといいます。

【続きを読む】

  • 【新車】フォルクスワーゲンから、ついにディーゼル車両「パサートTDIとパサート・バリアントTDI」が日本導入
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 【新車】フォルクスワーゲンから、ついにディーゼル車両「パサートTDIとパサート・バリアントTDI」が日本導入