2018.2.11 05:02

WINNERに1500人熱狂!BIGBANGの弟分が4人体制で再出発

WINNERに1500人熱狂!BIGBANGの弟分が4人体制で再出発

“金メダル級”のパフォーマンスを披露したWINNERの左からジヌ、スンフン、スンユン、ミノ=千葉・市原市

“金メダル級”のパフォーマンスを披露したWINNERの左からジヌ、スンフン、スンユン、ミノ=千葉・市原市【拡大】

 韓国人気グループ、BIGBANGの弟分、WINNERが10日、千葉・市原市市民会館で2年ぶり4度目となる日本ツアーをスタートさせた。

 一昨年11月に5人から4人体制となって初のツアーで、母国で開幕した平昌冬季五輪に負けない熱いパフォーマンスを披露。キム・ジヌ(26)とイ・スンフン(26)は先月5日に韓国・水原市内で、ソン・ミノ(24)は14日にソウル市内で聖火ランナーを担当しており、スンフンは「(全世界の)60億人に見られているので緊張しました」と振り返った。

 リーダーのカン・スンユン(24)は「4年に一度の祭典を祝うことができて光栄。4年間準備した選手たちにはいい結果が出せるように頑張ってほしい」とエール。「僕たちもデビュー4年目なので『4』には運命を感じる。期待してください」と活躍を誓った。

 兄貴分の“魂”も継承する4人は、春に入隊するため活動休止になるBIGBANGのヒット曲「Haru Haru」(日本語版)を初披露。ほかにも9日付オリコンデイリーアルバムランキングで1位を獲得した新作「OUR TWENTY FOR」の収録曲など20曲を熱唱し、1500人を熱狂させた。

  • 平昌冬季五輪の聖火ランナーとして、韓国・ソウル市内を走ったミノ
  • “金メダル級”のパフォーマンスを披露したWINNER
  • “金メダル級”のパフォーマンスを披露したWINNER
  • “金メダル級”のパフォーマンスを披露したWINNER
  • “金メダル級”のパフォーマンスを披露したWINNER
  • 平昌五輪の聖火ランナーを務めたスンフン、ジヌ
  • “金メダル級”のパフォーマンスを披露したWINNER
  • 平昌五輪の聖火ランナーを務めたジヌ、スンフン
  • “金メダル級”のパフォーマンスを披露したWINNER
  • 平昌五輪の聖火ランナーを務めたジヌ、スンフン
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. WINNERに1500人熱狂!BIGBANGの弟分が4人体制で再出発