2018.2.7 15:11

ベッキー、頭部を2針縫いながら「くノ一」熱演!「勲章です」

ベッキー、頭部を2針縫いながら「くノ一」熱演!「勲章です」

特集:
ベッキー
BSジャパン火曜ドラマ「くノ一忍法帖 蛍火」クランクアップ会見(左から)木下ほうか、高橋光臣、ベッキー、黒川芽以、樋井明日香

BSジャパン火曜ドラマ「くノ一忍法帖 蛍火」クランクアップ会見(左から)木下ほうか、高橋光臣、ベッキー、黒川芽以、樋井明日香【拡大】

 タレント、ベッキー(33)が7日、京都市右京区太秦の松竹撮影所で4月スタートの時代劇「くノ一忍法帖 蛍火」(BSジャパン、火曜後8・0)クランクアップ会見を行い、撮影中に右側頭部を2針縫うけがを負っていたことを明かした。しかし、12年ぶりの連ドラ主演に気合十分で即日復帰。会見中も共演者をつっこみ、取材陣の際どい質問を笑顔で交わすなど、一昨年の不倫騒動からの完全復活をアピールした。

 外国人の血をひく青い目で人の心を操る忍法蛍火を駆使する、くノ一・お螢(けい)にふんしたベッキーが忍法“口八丁”で会見を支配した。

 「お話をいただいたときは“この顔で時代劇していいんですか!?”とびっくり。厳しいとウワサの太秦に震えながら来ました」

 昨年12月のクランクイン時の心境が嘘のよう。「ホントにあったかかった」という職人ぞろいのスタッフに囲まれて“完走”したベッキーは撮影中のアクシデントも笑顔で振り返った。

 「刀が頭に当たって2針縫いました。病院から戻ったら縫い物のシーン。こんな短時間に縫われて縫うことあるか。人生っておもしろいな」

 傷は右側頭部。病院に運ばれたのは、その後に数カット撮影してからで「すぐ撮影に戻れたのも気合。いただいた痛み止めも1錠も飲んでない」といい、わずかな傷跡も「隠れるところ。勲章です」と言い放った。

 「だから深刻な記事にしてほしくない。『ベッキー2針縫った(笑)』みたいなタイトルで」

 撮影中、気が張っていたのは共演陣も認めるところ。「ホントに下手で本番だけスイッチを入れられない」ため、セット入りする前から集中して臨戦態勢。くノ一を指揮する頭領で実は父親という役の木下ほうか(54)も「あいさつしたら『はぁ!?』みたいな感じで話しかけられなかった」という。

 クランクアップを迎えて安堵のベッキーは姉の婚約者の忍びを演じた高橋光臣(35)が「腕の立つ絶世の美男子役で…」とテレると、「いよっ!」とはやし立て、妹役の樋井明日香(27)があいさつを終えると「よくできました!」と拍手。

 報道陣からの「週刊文春にかける忍法は」の問いにも「コメントしないでおこ~。見出しになりそうだもん。(質問を)止めるやつじゃないですか~」と司会者に笑顔のSOSで場を和ませた。

 ▼「くノ一忍法帖 蛍火」 原作は「魔界転生」など奇想天外なアイデアを用いた小説で名高い文豪、山田風太郎氏の「忍法 双頭の鷲」。徳川5代将軍・綱吉の時代、くノ一のお蛍(ベッキー)が、姉を連れ去った背中にムカデの入れ墨のある男を探し続ける。ベッキーは復帰後初ドラマ。連ドラ主演も06年のABC系「アンナさんのおまめ」以来12年ぶり。

  • BSジャパン火曜ドラマ「くノ一忍法帖蛍火」クランクアップ会見に登場したベッキー
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. ベッキー、頭部を2針縫いながら「くノ一」熱演!「勲章です」