2018.2.5 13:11

東国原英夫、貴親方惨敗の要因は「不信感があった親方が多かったのでは」

東国原英夫、貴親方惨敗の要因は「不信感があった親方が多かったのでは」

特集:
貴乃花親方
東国原英夫

東国原英夫【拡大】

 前宮崎県知事のタレント、東国原英夫(60)が5日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に出演。大相撲の貴乃花親方(45)=元横綱=が落選した、日本相撲協会の理事候補選挙の結果について言及した。

 「貴乃花親方のこの2、3カ月の行動に不信感があった親方が多かったのではないか。理念やビジョンはいいけど、やりかたがちょっとねという方が多かったのではないかと分析している」

 101人の全年寄(親方)による投票で貴乃花一門の支援を断った貴乃花親方は、わずか2票の得票で落選。5期連続の当選を逃した。同親方は元横綱日馬富士による傷害事件で1月に理事を解任され、役員待遇委員へ2階級降格。この落選で階級はさらに降下し「委員」以下になることが確実となっている。不祥事続発の相撲界を憂い「投票に意味がある」と落選を覚悟で立候補したが、そこでより深いダメージを負い、相撲協会トップの座はさらに遠のいてしまった。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 東国原英夫、貴親方惨敗の要因は「不信感があった親方が多かったのでは」