2018.1.20 10:12(1/2ページ)

小室と有安が引退の芸能界 著名人も“イチ人間としての生き方”模索する時代に/芸能ショナイ業務話

小室と有安が引退の芸能界 著名人も“イチ人間としての生き方”模索する時代に/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話
ももいろクローバーZからの卒業を発表した有安杏果

ももいろクローバーZからの卒業を発表した有安杏果【拡大】

 今週は、思いがけない芸能界引退のニュースが2つも飛び込んできた。1990年代の音楽シーンを牽引し、今もトップ音楽プロデューサーとして活躍している小室哲哉。そして、21日にラストライブを迎える、ももいろクローバーZの有安杏果。双方とも、まだまだ余力を残しての引退となる。

 小室は週刊誌に報道された看護師との不倫疑惑のけじめとして、自身の体調問題や妻、KEIKOの介護に尽くす日々などを考慮した結果、第一線から退くことを決断した。0歳から子役として活躍し、人気アイドルとなった有安は「普通の女の子の生活をしたい」と華やかな世界から離れる道を選んだ。

 驚きばかりが先行したが、続けざまに飛び込んできた“芸能界引退”のニュースに、著名人も普通に“イチ人間としての生き方”を模索する時代になったと感じた。

 昭和の大スターだった山口百恵が三浦友和と結婚したとき、すっぱり芸能界を辞めて家庭に入る道を選んだが、当時はセンセーショナルだった。幼心にスーパースターが潔く芸能界を辞めることは“異例の出来事”として認識していたが、最近はそうでなくなったのかもしれない。

 スキャンダルが報じられた女優、江角マキコさんや俳優、成宮寛貴さんもそれぞれ昨年、一昨年に芸能界から去っている。

 芸能人として生きる以上、公私ともに“追いかけられる”ことは宿命だが、自身の今後の生き方を考えたとき、これまでの華やかなキャリアを捨てても“一般人”として静かに生活を送りたい、という選択肢が、スターの中に大きな幅を持つようになった気がした。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 小室と有安が引退の芸能界 著名人も“イチ人間としての生き方”模索する時代に/芸能ショナイ業務話