2018.1.14 08:58(1/3ページ)

直噴ターボと高性能サスで183万円は安すぎ! スズキ・スイフトスポーツを3分でクイック紹介

直噴ターボと高性能サスで183万円は安すぎ! スズキ・スイフトスポーツを3分でクイック紹介

直噴ターボと高性能サスで183万円は安すぎ! スズキ・スイフトスポーツを3分でクイック紹介

直噴ターボと高性能サスで183万円は安すぎ! スズキ・スイフトスポーツを3分でクイック紹介【拡大】

 いまだ大人気のスズキ・スイフトスポーツを3分でクイック紹介します。

 スイフトスポーツはスイフトをベースに、強力なエンジン・剛性アップしたボディ・性能向上したサスペンションへと変更した特別なモデルです。

 現行モデルとなる4代目は2017年9月に発売されました。しかしメーカー側の予想を超える人気のため、現在も納期が一般的なクルマより遅れ気味傾向にあるようです。余談ですが、媒体取材用の広報車も人気が集中していて、今回の撮影までは1ヵ月の待ち期間がありました。

 ボディサイズは全長・全幅・全高が3890・1735・1500mm。今回、全幅が1735mmになって歴代で初めて3ナンバー化されました。ホイールベースは2410mmです。

 フロントバンパーはスイフトの標準モデルとは異なる独自のもので、ノーズ部分が前方にせり出していること等が特徴。これはヨーロッパ向け仕様と同じものです。

 エンジンはスイフトスポーツとして初めて過給器付きとなりました。K14C型エンジンは1.4Lの直噴ターボ仕様。ベースとなっているのはエスクードにも搭載されているものですが、今回、ブースト圧をコントロールする ウエストゲートバルブの開閉をノーマルクローズ制御にしてあります。圧搾空気の「逃し口」を通常は閉じておくことで過給を早く立ち上げることが狙いです。

 バンパー周辺のブラックに見える部分にはカーボン調のパターンが配置されてます。また、ボディの下部には大きなフラットパネルがあり、整流効果を高めています。

 リアスポイラーもスイフトスポーツ専用のもの。ちなみに全体での空気抵抗は先代スイフトスポーツに比べて10%改善されています。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 直噴ターボと高性能サスで183万円は安すぎ! スズキ・スイフトスポーツを3分でクイック紹介