2018.1.13 07:00

大谷亮平、映画初主演でいきなり難役!5月26日公開「ゼニガタ」で闇金業者に

大谷亮平、映画初主演でいきなり難役!5月26日公開「ゼニガタ」で闇金業者に

知的で機転が利く闇金業者を演じる大谷。初の悪役で、観客を震え上がらせる

知的で機転が利く闇金業者を演じる大谷。初の悪役で、観客を震え上がらせる【拡大】

 俳優、大谷亮平(37)が、5月26日公開の「ゼニガタ」(綾部真弥監督)で映画に初主演し、悪役に初挑戦することが12日、分かった。

 金への愛と恐怖におかされた闇金の世界をリアルに描く物語。大谷は表向きは居酒屋経営者だが、実は高金利で金を貸し付け、厳しい取り立てで債権者を追い込む闇金業者役。一昨年10月期に放送されたTBS系人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のスーパーイケメン役で頭角を現した実力派は、新境地開拓に気合十分だ。

 韓国で大ブレーク後、一昨年に活動拠点を日本に移し、幅広い演技力とワイルドな雰囲気で人気を得た大谷に、綾部監督は「大谷さんのどんな状況でもぶれずに、そこにいる姿は(役柄の)富男というキャラクターそのもの」と期待。

 タイトルはアニメ「ルパン三世」の銭形警部や時代劇の銭形平次を連想させるが、大谷は「彼らは正義側のキャラクターですが、僕が演じるのは現代社会のダークヒーロー。銭の主人になるか、銭の奴隷になるか、その本当の意味を熟知する男です」とアピールする。

 同じ逆輸入俳優で、15年にNHK連続テレビ小説「あさが来た」の五代友厚役でブレークしたディーン・フジオカ(37)にならい、“第2のディーン”と呼ばれる大谷。今作で“五代様”超えのヒットを狙う。

  • 知的で機転が利く闇金業者を演じる大谷。初の悪役で、観客を震え上がらせる
  • 知的で機転が利く闇金業者を演じる大谷。初の悪役で、観客を震え上がらせる
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 大谷亮平、映画初主演でいきなり難役!5月26日公開「ゼニガタ」で闇金業者に