2018.1.1 04:02

「西洋占星術」でおなじみイレーネさんが占う 安心・信頼できなくなる2018

「西洋占星術」でおなじみイレーネさんが占う 安心・信頼できなくなる2018

 サンケイスポーツで「西洋占星術」を連載中のイレーネさんに2018年の世界の運勢を占ってもらった。

 全体として「安心していたものや信頼していたものが、安心・信頼できなくなる年」と厳しい予測。具体的には「老朽化による橋脚やトンネルなどの崩壊、さらに空からの落下物にも注意が必要」と警鐘を鳴らす。

 キーマンは、昨年に続きロシアのプーチン大統領(65)。ただし「2018年から20年にかけて、徐々に求心力と人気は衰えていく」と、運気が下降線になっていると指摘した。

 一方、“風雲児”トランプ米大統領(71)は「今以上に迷走を続ける」。そして社会と世界秩序は「政治的モラルの低下により混乱します」という。

 雲行きが怪しいのは自然界も。夏のゲリラ豪雨、竜巻などが要注意で、地震は「茨城から千葉周辺、伊豆沖、九州と四国の間」。

 2月の平昌冬季五輪にも不安要素が。フィギュアスケート男子は16日がショートプログラム、17日がフリー。羽生結弦(23)、宇野昌磨(20)とも射手座で、「この両日は凶日」。そのうえ羽生は「アクシデント運が継続していて厳しい状態」だとか。

 ただし、「宇野は羽生より10日誕生日が遅いので、ショートは凶日の影響も受けず、運勢的には優勢」と希望はある。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 「西洋占星術」でおなじみイレーネさんが占う 安心・信頼できなくなる2018