2017.12.27 14:36

梅沢富美男、八角理事長らを断罪「トップは責任取るべき」

梅沢富美男、八角理事長らを断罪「トップは責任取るべき」

特集:
元日馬富士・暴行問題
梅沢富美男

梅沢富美男【拡大】

 俳優、梅沢富美男(67)が27日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に出演。元横綱日馬富士(33)の十両貴ノ岩(27)への暴行事件に関し、日本相撲協会への報告を怠ったなどとして、処分が検討されている貴ノ岩の師匠の貴乃花親方(45)=元横綱=について、擁護するコメントをした。

 梅沢は今回の騒動について、「(協会に)腹が立ってしょうがない。もともとの底辺がずれているよ」と一言。「(元日馬富士が)暴行したのが悪いって始まった。殴った殴らないから始まった話なのに、(協会が)それをまとめきれてない」とし、「いち相撲取りが『貴乃花親方が巡業に来るんだったら行かない』って、そんな組織がどこにある。そこまで言ったら、理事長が『お前なんか行かなくていい』って、なんで言えないんだよ」とヒートアップ。八角理事長ら協会幹部のリーダーシップのなさを指摘した。

 そして、「そんな弱い組織だから貴乃花親方は(暴行問題を)うやむやにされると思って言わなかったんだと俺は思う」と、貴乃花親方の行動に理解を示した。

 さらに、「こんなことになったのはトップの責任でもある。トップはトップで責任を取るべき」と断罪。すでに自らの残り任期3カ月の報酬を全額返上するとした八角理事長を批判した。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 梅沢富美男、八角理事長らを断罪「トップは責任取るべき」