2017.12.10 12:11

Iカップグラドルの天木じゅんと人気プロレスラーの越中詩郎、異色ドラマの会見でブチ切れ!?/芸能ショナイ業務話

Iカップグラドルの天木じゅんと人気プロレスラーの越中詩郎、異色ドラマの会見でブチ切れ!?/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話
ドラマ「私、やりますって!」の会見を行ったグラビアアイドルの天木じゅん(左)とプロレスラーの越中詩郎

ドラマ「私、やりますって!」の会見を行ったグラビアアイドルの天木じゅん(左)とプロレスラーの越中詩郎【拡大】

 先日、グラビア界で活躍する天木じゅん(22)と人気プロレスラー、越中詩郎(59)のW主演ドラマ「私、やりますって!」の会見を取材した。天木が、スポーツクライミング・ボルダリングの日本代表を目指す物語。天木を鍛え上げる熱血コーチ役を、越中が演じる異色の青春ドラマだ。

 会見は冒頭から、なにやらものものしいムード。司会者が越中に対し、撮影中、天木に下心があったかと質問。越中は「あぁん! そんな気持ちでやってんじゃなぇよ」とブチ切れ。天木も「失礼じゃないですか!」と激怒した。さらに、天木が「最初、私はこのおじさん誰なんだろうと思っていました」と告白すると、越中が「本当に知らなかったのか、ナロウ! こっちは(プロレスを)40年もやってるんだよ、バカヤロー!」と怒声を響かせた。

 報道陣は越中の迫力に、シーンと静まりかえる。記者もこんな“ブチ切れ会見”は初体験。おいおい、大丈夫か…と本気で心配になったところで、司会者から台本とネタばらし。続けて、「実は、2人とも登壇するときに、Tシャツを脱いで出てくる予定だったんですが、普通に着ていて…」と段取りの間違いが指摘されると会場は爆笑、和やかなムードに包まれた。

 ドラマは、天木が胸元を強調させた衣装で壁を上るシーンなど“お色気”も見どころだ。越中もその巨乳が気になっていたのか「動きがいろいろあったんで、一回くらいポロンを楽しみにしていたけど、残念ながらなかった」と笑わせた。

 2人とも、劇中で迫真の演技を見せているが、ともに本格的な演技には初挑戦という。越中が「最初、女優さんかと思ったくらい、演技が素晴らしかった。泣き言の一つもいわなくて、根性があるなと。握手したけど、握力が強くてびっくりしました」とたたえれば、天木も「越中コーチと、二人三脚でできた作品です」と強調した。

 劇中さながらの信頼関係。凸凹コンビが見せた充実の表情が印象的だった。今月4日から配信が開始され、全8話。会見の最後、越中が「リング以外での越中も、よろしくお願い致します」と真顔でペコリ。人格者として知られる越中の紳士的な言動も付け加えたい。(G・N)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. Iカップグラドルの天木じゅんと人気プロレスラーの越中詩郎、異色ドラマの会見でブチ切れ!?/芸能ショナイ業務話