2017.12.7 22:16

セクハラで特任教授処分 女子学生に抱きつき、体触った疑い

セクハラで特任教授処分 女子学生に抱きつき、体触った疑い

 三重大は7日、女子学生に抱きつくなどのセクハラ行為をしたとして、地域イノベーション推進機構の男性特任教授を、契約が切れる本年度末まで出勤停止とする懲戒処分にした。

 三重大によると、教授は2015年11月~16年2月、研究補助のアルバイトをしていた女子学生2人に対し、研究室で抱きついたり体を触ったりした。いずれも学生と2人きりの時に行為に及んでいたという。

 今年5月に2人が大学に相談して発覚した。男性は「親愛の情でやった。謝罪したい」と話しているという。

 駒田美弘学長は「教員としての自覚と責任に欠けており誠に遺憾。再発防止と信頼回復に努める」とコメントしている。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. セクハラで特任教授処分 女子学生に抱きつき、体触った疑い