2017.12.7 19:52

太平洋側でも北朝鮮船か 北海道・苫小牧沖で5月に発見

太平洋側でも北朝鮮船か 北海道・苫小牧沖で5月に発見

 北海道松前町の松前小島に接岸した北朝鮮船に酷似した木造船が5月に苫小牧市の沖合で見つかり、苫小牧港で保管されていることが7日、分かった。第1管区海上保安本部(小樽)によると、北朝鮮の船とみられ、乗員はいなかった。太平洋側で同種の木造船が見つかるのは珍しいという。

 1管によると、木造船は5月20日、苫小牧沖を航行していた貨物船が見つけた。転覆した状態で、遺留品もなかった。

 一方、道警は7日、松前小島で見つかり、函館港沖にえい航されている北朝鮮船の乗員から、窃盗容疑で事情聴取を試みた。島からは家電などが持ち去られていたが、道警はこの日の聴取の可否や内容を明らかにしなかった。6日は船に留め置かれている乗員全員が聴取を拒否していた。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 太平洋側でも北朝鮮船か 北海道・苫小牧沖で5月に発見