2017.12.7 12:04

「レッドライン越えない」トランプ氏最側近が金正恩氏を分析

「レッドライン越えない」トランプ氏最側近が金正恩氏を分析

特集:
北朝鮮問題
トランプ劇場
6日、米ワシントンで会談したバノン氏(右)と河井克行氏(在米日本大使館提供・共同)

6日、米ワシントンで会談したバノン氏(右)と河井克行氏(在米日本大使館提供・共同)【拡大】

 トランプ米大統領の最側近とされるバノン前首席戦略官兼上級顧問は6日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長について「レッドラインを越えることはしない」との見方を示した。訪米中の河井克行自民党総裁外交特別補佐が会談後、記者団に明らかにした。

 レッドラインの詳細は明らかにしていないが、北朝鮮が米本土を攻撃することはないとの認識とみられる。

 河井氏によると、バノン氏は金正恩氏を「合理的で計算高い人物」と指摘。米軍による軍事攻撃の可能性は「予想される犠牲が大きい」として慎重な姿勢を崩さなかった。中国が進める現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」には警戒感を示した。

 バノン氏は今年8月に政権から去ったが、今でもトランプ氏と「2日に1度は電話している」という。また、トランプ氏と親密な関係にある安倍晋三首相を「尊敬しており、個人的に大ファンだ」と持ち上げた。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 「レッドライン越えない」トランプ氏最側近が金正恩氏を分析