2017.12.6 20:21

中高生らガールズバー運営…児童福祉法違反容疑で逮捕

中高生らガールズバー運営…児童福祉法違反容疑で逮捕

 女子中学生をガールズバーで働かせたとして、大阪府警少年課は6日までに、児童福祉法違反などの疑いで実質経営者の無職(32)=大阪市都島区=と無職少女(16)、女子高校生(16)を逮捕した。無職少女ら2人がバーを運営し、13~16歳の中高生ら少なくとも6人が働いていた。

 少年課によると、無職少女は「オーナー」と呼ばれ、勤務や売上金を管理。中高生らの保護者がクレームをつけた際の対応もしていた。逮捕された女子高校生を含む中高生らは店長や副店長、店員として勤務していた。

 逮捕容疑は共謀し、9月上旬、都島区のガールズバー「ひまわり」で、当時13歳の女子中学生に接客をさせた疑い。同店は10月に閉店している。

 無職少女ら2人は容疑を認め、無職の男は「自分はドライバーで、店の運営はしていない」と否認している。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 中高生らガールズバー運営…児童福祉法違反容疑で逮捕