2017.11.29 14:22

藤井四段は2次予選進出ならず プロ入り同期の大橋四段に敗れ「チグハグになってしまった」

藤井四段は2次予選進出ならず プロ入り同期の大橋四段に敗れ「チグハグになってしまった」

特集:
藤井聡太四段

 将棋界歴代トップの公式戦29連勝を達成した中学生プロ棋士、藤井聡太四段(15)が29日、大阪市福島区の関西将棋会館で指された第89期棋聖戦1次予選決勝でプロ入り同期の大橋貴洸四段(25)に100手で敗れ、2次予選進出はならなかった。通算成績は51勝8敗(未放映のテレビ対局を除く)。

 3月に新人王戦と棋王戦予選で連勝している同期との対局は、先手の藤井四段が持ち時間の1時間を先に使い切る展開。「秒読みになってから指し手がチグハグになってしまった」といい、2時間25分で投了した。

 10連覇を達成した羽生善治棋聖(47)への挑戦権をかけた大会で予選敗退が決まり、藤井四段は「(時間配分が)うまいとはいえなかったかもしれないけど、それも含めて実力なので仕方ない」と肩を落とした。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 藤井四段は2次予選進出ならず プロ入り同期の大橋四段に敗れ「チグハグになってしまった」