2017.11.29 12:00(1/2ページ)

ある夫婦に起こった奇跡の実話 土屋太鳳と佐藤健が紡ぐ感動ノンフィクション映画/週末エンタメ

ある夫婦に起こった奇跡の実話 土屋太鳳と佐藤健が紡ぐ感動ノンフィクション映画/週末エンタメ

特集:
週末エンタメ芸能記者コラム
映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」 

映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」 【拡大】

 8年--。目を覚ますかどうかも分からない“他人”をこれほど長く待つことができるだろうか。12月16日公開の映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」(瀬々敬久監督)は、実在する岡山県のあるカップルに起きた奇跡の物語だ。

 女優、土屋太鳳(22)と佐藤健(28)がW主演する同作は、大病に襲われて記憶が戻らない花嫁(土屋)と、その回復を待ち続けた花婿(佐藤)の愛を描いたノンフィクション。NHK連続テレビ小説「ひよっこ」などで知られる岡田惠和氏(58)が脚本、映画「ヘヴンズストーリー」などで知られる瀬々敬久監督(57)がメガホンを執った。

 モデルとなった夫婦は、岡山県和気町で暮らす会社員の中原尚志さん(37)と麻衣さん(35)。2人は長男の碧和(あいと)くん(2)をもうけ、今は幸せな家庭を築いている。

 麻衣さんが倒れたのは2006年で、結婚式の3カ月前だった。ある日突然、直近の記憶を失い、その後は意識が戻らない状態が続いた。病名は「抗NMDA受容体脳炎」。腫瘍が原因で生じた抗体が自分の脳を攻撃するという症例の少ない病だった。

【続きを読む】

  • 映画「8年越しの花嫁奇跡の実話」
  • 映画「8年越しの花嫁奇跡の実話」
  • 映画「8年越しの花嫁奇跡の実話」
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. ある夫婦に起こった奇跡の実話 土屋太鳳と佐藤健が紡ぐ感動ノンフィクション映画/週末エンタメ