2017.11.19 18:49

【宙組】朝夏まなと、15年間の宝塚生活に別れ「うるっときました」

【宙組】

朝夏まなと、15年間の宝塚生活に別れ「うるっときました」

宝塚歌劇団宙組トップスター、朝夏まなとが退団公演千秋楽を迎え、サヨナラパレードを行った=東京・有楽町

宝塚歌劇団宙組トップスター、朝夏まなとが退団公演千秋楽を迎え、サヨナラパレードを行った=東京・有楽町【拡大】

 宝塚歌劇団宙組トップスター、朝夏まなとが19日、東京・有楽町の東京宝塚劇場で退団公演「神々の土地/クラシカル ビジュー」の千秋楽を迎え、15年間の宝塚生活に別れを告げた。

 サヨナラショーでは「エリザベート」の「最後のダンス」など出演作品の楽曲を次々と披露。 最後は男役の象徴である黒のえんび服で大階段を降り、「今日で男役・朝夏まなとを卒業いたします。宝塚、唯一無二のこの美しい世界が、永遠に続きますように…。今まで本当にありがとうございました」と万感の思いを込めた。

 終演後の記者会見では「宝塚に出会ったのが今でも運命的」としみじみ。この日、卒業を実感したのは、朝の最後の楽屋入りと、ステージ上でのあいさつの後に全員で「TAKARAZUKA FOREVER」を歌って緞帳が下りたときだったと明かし、「うるっときました」と話した。

 しんみりムードより、終始、充実感にあふれた晴れやかな表情。今の自分にかけたい言葉を聞かれると「お疲れぃ!」と手を挙げておどけ、結婚の予定を聞かれると「ないです! 食い気味にいいます!」と笑った。

 退団後の進路については「これからどうしましょうかね」と思案顔。舞台に立つ可能性は、「何かご報告ができたらいいなと思っています」と明言はしなかった。

 朝夏は2002年に入団。1メートル72の舞台映えする容姿で、花組の若手時代からスター候補として活躍した。12年に宙組に移り、13年には「風とともに去りぬ」で男役ながらヒロインのスカーレット・オハラを好演。15年から宙組トップを務め、米ミュージカル映画の舞台版「TOP HAT」や浅田次郎氏の小説が原作の「王妃の館」など話題作に主演した。サヨナラパレードには約8000人のファンが駆けつけた。

  • 宝塚歌劇団宙組トップスター、朝夏まなとが退団公演千秋楽を迎え、記者会見=東京・有楽町
  • 宝塚歌劇団宙組トップスター、朝夏まなとが退団公演千秋楽を迎え、記者会見=東京・有楽町
  • 宝塚歌劇団宙組トップスター、朝夏まなとが退団公演千秋楽を迎え、記者会見=東京・有楽町
  • 宝塚歌劇団宙組トップスター、朝夏まなとが退団公演千秋楽を迎え、サヨナラパレードを行った=東京・有楽町
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【宙組】朝夏まなと、15年間の宝塚生活に別れ「うるっときました」