2017.11.15 05:00

味わい尽くせ!日本各地の魚介料理、16日から「さかな祭り」

味わい尽くせ!日本各地の魚介料理、16日から「さかな祭り」

マルショウ(宮城県加美町)の「あんこう肝鍋」

マルショウ(宮城県加美町)の「あんこう肝鍋」【拡大】

 日本各地の魚介料理を堪能できる第3回「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル2017~全国魚市場&魚河岸まつり」が、16日から19日まで、東京・千代田区の日比谷公園で開催される。

 注目メニューの一つは、「海のフォアグラ」と称されるアンコウの肝をぜいたくに使った「マルショウ」(宮城県加美町)の「あんこう肝鍋」(800円)。昨年も濃厚な味わいが大人気で、今年もリピーターが続出しそうだ。具材は地元産にこだわり、長ネギは同メニュー専用に生産されたものを使用。味付けには宮城県産大豆から作った特注の麹みそを使い、あん肝の奥深いうま味と野菜の甘味を同時に楽しむことができる。

 開催時間は16、17日が午前11時~午後9時、18日が午前10時~午後9時、19日が午前10時~午後6時まで。詳細はhttp://jffes.com

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 味わい尽くせ!日本各地の魚介料理、16日から「さかな祭り」