2017.11.15 14:55

永井大、子供が生まれて初の父親役「思い入れの深い作品になりました」

永井大、子供が生まれて初の父親役「思い入れの深い作品になりました」

NHKドラマ「マチ工場のオンナ」の会見に出席した左から柳沢慎吾、竹中直人、内山理名、舘ひろし、永井大=東京・渋谷

NHKドラマ「マチ工場のオンナ」の会見に出席した左から柳沢慎吾、竹中直人、内山理名、舘ひろし、永井大=東京・渋谷【拡大】

 女優、内山理名(36)が15日、東京都内で行われたNHK主演ドラマ「マチ工場のオンナ」(24日スタート、金曜後10・0)の会見に、父親役を務めた舘ひろし(67)、夫役の永井大(39)らと出席した。

 内山演じる専業主婦が、亡き父の後を継ぎ町工場の社長になる物語。内山は自身の父について、小さい頃は好きではなかったと明かし、「父が亡くなってから知ることが多くて、大好きになった。財布の中に私のテレホンカードとかが入っていたり」と告白。舘は内山の演技を絶賛し、「彼女の芝居に、ただついて行けばいいという感じでした」とたたえた。

 永井は内山との間に、一人息子を持つ役どころ。妻で女優の中越典子(37)が、5月に第1子男児を出産しただけに、演技にリアリティーを持てたといい、「子供が生まれて初の父親役。思い入れの深い作品になりました」と感慨深げだった。

  • NHKドラマ「マチ工場のオンナ」の会見に出席した左から柳沢慎吾、竹中直人、内山理名、舘ひろし、永井大=東京・渋谷
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 永井大、子供が生まれて初の父親役「思い入れの深い作品になりました」