2017.11.14 15:05

坂上忍「朝青龍から学習しなかったのか」 日馬富士の暴行に苦言

坂上忍「朝青龍から学習しなかったのか」 日馬富士の暴行に苦言

坂上忍

坂上忍【拡大】

 タレント、坂上忍(50)が14日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に出演。大相撲の横綱日馬富士(33)が10月の秋巡業中に、平幕貴ノ岩(27)を殴打して大けがを負わせたことに言及した。

 日馬富士は10月26日夜に開かれた会食の席で、貴ノ岩にビール瓶などで暴力を振るったとされる。貴ノ岩は「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」と診断され、九州場所は初日から休場している。

 番組では、貴ノ岩の会食の席での態度に問題があったことがきっかけとする報道を紹介すると、坂上は「一般人相手だったら普通に刑事事件。相撲取りだったら張り手でいい。ビール瓶を持ち出す必要ない」と苦々しい表情で語った。

 お笑いコンビ、サンドウィッチマンの伊達みきお(43)は「本当に残念。もしかしたらこのまま角界を去るぐらいのこと。これによって今場所も2横綱に」と悔しさをにじませた。

 タレントの小籔千豊(44)は「ビール瓶で頭(への暴行)はすべて帳消しになる。相手がどれだけ悪くても、これやったらフォローのしようがない。これからお相撲入ろうかなと思っている子たちも躊躇(ちゅうちょ)すると思うし、うちの息子がお相撲さんになろうかなと言っていたら、ちょっとやめときやという気持ちになる」と残念がった。

 さらに坂上は、一般人に暴行を働きその責任を取って角界を引退した元横綱朝青龍を引き合いに出し、「朝青龍関はああいう形で角界を去ってしまった。良くも悪くもお手本があった。身近で見ていた日馬富士はなんで学習しなかったのか」と首をかしげた。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 坂上忍「朝青龍から学習しなかったのか」 日馬富士の暴行に苦言