2017.11.14 12:17

ふなっしー、テレビ界に不満「拘束時間長いし、ギャラも少ないなっしー」

ふなっしー、テレビ界に不満「拘束時間長いし、ギャラも少ないなっしー」

特集:
ゆるキャラ大集合
紅白歌合戦
激しいリズムにのって「カム・トゥゲザ-」を熱唱したふなっしー(左)。右は湯あがり美人姫やがみちゃん

激しいリズムにのって「カム・トゥゲザ-」を熱唱したふなっしー(左)。右は湯あがり美人姫やがみちゃん【拡大】

 千葉・船橋市の非公認ゆるキャラ、ふなっしーが14日、米映画「ジャスティス・リーグ」(23日公開)の主題歌発表イベントに出席した。

 バットマンら超人キャラクターが大活躍する同作の主題歌はビートルズの代表曲「カム・トゥゲザー」。ビートルズをリスペクトしているゆるキャラがこの日集結し、バンドを結成した。リーダーに就任したふなっしーは、激しく体を揺らしながらメーンボーカルとして同曲を熱唱。「息切れするなっしー。でもこの映画にぴったりの曲」とテンションは最高潮。

 しかし本日をもって解散することを自ら表明。「CDリリースとかやりたいが、音楽の方向性の違いで解散なっしー」と理由を説明したが、「本当はギャラの問題で…」と口を滑らせて笑わせた。

 一方、NHK紅白歌合戦の司会者が発表されたが、そちらの方向性を聞かれると、「拘束時間長いし、テレビ向きじゃないな。ギャラも少ないなっしー」とテレビ界への不満を表明し、「イベントで子供たちを喜ばせるなっしー」と原点回帰を宣言した。

 最後に同作については「ヒーローそれぞれ個性があって、それが集まると鳥肌もん。アクションとサスペンスとバトルが楽しいなっしー!!」とシャウトしてPRした。

 この日はほかににゃんごすたー(青森・石黒)、湯あがり美人姫やがみちゃん(島根・出雲)、海の妖精神まりん(新潟・長岡)、オカザえもん(愛知・岡崎)がバンドメンバーとして参加し、見事なチームプレーを見せた。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. ふなっしー、テレビ界に不満「拘束時間長いし、ギャラも少ないなっしー」