2017.11.14 11:00(1/3ページ)

【二十歳のころ 高須克弥(1)】家康公助けた“ご先祖様"医者の道しかなかった

【二十歳のころ 高須克弥(1)】

家康公助けた“ご先祖様"医者の道しかなかった

特集:
二十歳のころ
昭和医科大在学時は空手、アイスホッケーに加え、ワンダーフォーゲルにも挑戦。高須氏(前列左から2人目)は何事にも精力的だった (本人提供)

昭和医科大在学時は空手、アイスホッケーに加え、ワンダーフォーゲルにも挑戦。高須氏(前列左から2人目)は何事にも精力的だった (本人提供)【拡大】

 大型連載の第33回は、美容外科医で医学博士の高須克弥氏(72)が登場。昨年のリオデジャネイロ五輪では、資金難に陥ったサッカー男子ナイジェリア代表チームに、銅メダル獲得ボーナスと支援金として計39万ドル(当時約3900万円)を贈呈し、話題となった。人生を楽しみ、常に注目を集める破天荒な高須氏。その原点は二十歳の学生時代にあった。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【二十歳のころ 高須克弥(1)】家康公助けた“ご先祖様"医者の道しかなかった