2017.11.11 05:04

海老蔵、歌舞伎と能とオペラ融合「大きな歴史が重なったものをコラボ」

海老蔵、歌舞伎と能とオペラ融合「大きな歴史が重なったものをコラボ」

「源氏物語」の制作発表に出席した市川海老蔵

「源氏物語」の制作発表に出席した市川海老蔵【拡大】

 歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)が10日、東京都内で行われた特別公演「源氏物語 第二章~朧月夜より須磨・明石まで~」(来年3月1日~4月7日、全国23都市42公演)の製作発表に出席した。

 「源氏物語 第二章~朧月夜より須磨・明石まで~」は、2015年春に全国で7万3000人を動員した「源氏物語」の続編。前半は朧月夜と光源氏(海老蔵)の恋をオペラと歌舞伎、後半は能と歌舞伎のコラボレーションで表現する。海老蔵は「能は600年、歌舞伎は約400年、オペラも400年、と大変大きな歴史が重なったものをコラボレーションしながら作っていく」と“芸術の融合”に意気込んでいた。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 海老蔵、歌舞伎と能とオペラ融合「大きな歴史が重なったものをコラボ」