2017.11.10 08:31

座間9遺体「1人目からためらわず」殺害計画か、経緯解明へ

座間9遺体「1人目からためらわず」殺害計画か、経緯解明へ

 神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された無職白石隆浩容疑者(27)が「1人目の殺害時からためらいはなかった」と供述していることが10日、捜査関係者への取材で分かった。

 警視庁高尾署捜査本部や捜査関係者によると、白石容疑者は8月22日にアパートへ入居する前、のこぎりなどを購入したと説明。遺体の切断方法などをスマートフォンで頻繁に検索しており、捜査本部は当初から殺害を計画していた可能性があるとみて、経緯や実態の解明を進める。

 白石容疑者は遺体で見つかった女性らについて「『寂しかった』と言っていた」とも話しており、ツイッターなどで自殺願望をほのめかしていた女性らの心理状態に付け入り、言葉巧みに自宅に誘い込んで殺害したとみられる。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 座間9遺体「1人目からためらわず」殺害計画か、経緯解明へ